幸せ貯金

 

幸せ貯金

私は小学生の時に貯金箱を作って以来貯金をしています。100円玉貯金や500円玉貯金など、色々な方法をしました。そのなかで考えた貯金の方法が「幸せ貯金」です。まず透明のふた付きのビンを用意します。はじめはジャムなどの空きビンでも良いですし、私は100円ショップで自分好みのビンを見つけて買い、愛着のあるものにしました。そして日常のなかで、うれしい・楽しいと感じた時や、幸せだと心が充たされた時、良い出来事があった時に、その程度にあった硬貨をビンに入れていくだけです。 料理が美味しくできたから100円、良い天気でたくさんの洗濯物がよく乾いたから10円、プレゼントをもらって嬉しかったから500円、電車で子供がお年寄りに席を譲っていたのを見てほっこりしたから50円、お財布に5円玉が何枚もあるから入れようかななど、理由もどの硬貨を入れるかも自由です。そうやってしばらくして、ふとビンのなかにどれだけ貯まっているかをみてみると、自分はこれだけ嬉しいや楽しい、幸せを感じられたんだなと思えて、またすこし幸せな気持ちになれます。あまり貯まらなかったときは、日常のなかにささやかな喜びを見つけようと意識して過ごすことができます。幸せ貯金は地道ですが、お金も心の充足感も貯めることができる方法として、私は続けています。