外貨の貯蓄のリスク

 

外貨の貯蓄のリスク

貯金といえば多くの日本人は日本円での日本国内の銀行へ貯金するというパターンが多いと思います。しかし貯金は日本円だけでなく海外の外貨でもできます。外貨の貯金が少ないのは日常使える円でないというだけでなく、価値の変動が激しいためにリスクがあるためにどちらかというと投資目的の扱いでこつこつ貯める貯金とい考えない人が多いからだといえます。 また日本円での日本の銀行での貯金は限度額はあるものの例え銀行が倒産しても口座にある貯金は保証されているというところも貯めるには安心なシステムです。預けておけばほぼ減ることがない日本の銀行の日本円の貯し金ですが、その分現在は超低金利時代のために利子がごくごくわずかな状態が続いています。この金利に関しても外貨のほうが圧倒的に高い外貨もあり、外貨での貯金はより投資的な意味合いが強いということです。 こうみると日本円での日本国内の銀行の貯金がいいように思われますが、長い目でみると物価が変動していたり、インフレになっていたりすると実質の価値が下がっているということも十分にあり得ることです。円の数字は減ることがなくても価値が減る可能性があるというのはどの通貨にも言えることです。外貨の貯金もリスクの度合いを考えれば何も無謀な貯金というわけではありません。かしこく利用することもできるということです。